【2013/6/22】決算書の読みこなし方と経営・財務分析への活用

S‐30601

決算書  (S‐30601)

★新聞の決算記事を見て、意味が分かりますか?ライバル企業の決算書をちゃんと見ていますか?
★取引先を訪問するとき決算書を見てから行っていますか?
★「これだけ知っていれば恥をかかない」という、基礎的な決算書の
  読みこなし方、経営・財務分析の考え方を、実例を交えながら解説!




■日時■

平成25年(2013年)6月22日(土) 14:00−16:30

※ 本講座は諸般の事情につき、中止となっております。今後開催を希望する場合はお問い合わせを頂戴出来ればと存じます。

■価格■

早期価格:9,450円(テキスト代込み)

※ 6月8日までお申込みいただいた方は、定価より3,150円割引の上記価格にてご案内いたします。以後は定価12,600円にて販売。

会員早期価格:7,560円(リピーター会員限定の20%割引:テキスト代込み)

※ 6月8日までお申込みいただいた、私どもの過去講座の受講経験のある会員は、定価3,150円割引×20%オフ価格にてご案内いたします。
以後は定価10,080円にて販売。

聴講会Q&Aはこちら

■定員■

20名

■場所■

東京都内

 ※ 東京駅より30分以内でのアクセス可能な会場を予定。

■講演者■

望月公認会計士事務所 代表 望月 明彦 氏

■講師ご経歴■

日本公認会計士協会 東京会 研修委員会 副委員長(現任)
NPO法人日本交渉協会 代表幹事(現任)
慶応義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)修了
監査法人トーマツ、アーンストアンドヤング(日本法人)などを経て2010年より望月公認会計士事務所代表
(講演実績)
SMBCコンサルティング、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、日本公認会計士協会、経営管理研究所、新社会システム総合研究所、麻布大学、など

■対象者■

・基礎的な決算書の読みこなし方、経営・財務分析の考え方を学びたい方が対象

■講演趣旨■

「新聞の決算記事を見て、意味が分かりますか?」「ライバル企業の決算書をちゃんと見ていますか?」「取引先を訪問するとき決算書を見てから行っていますか?」
中堅・幹部社員にある日突然やってきます。「こんな恥をかくことになるのだったらちゃんと決算書の勉強をしておけば良かった。。。」
本講演では、「これだけ知っていれば恥をかかない」という、基礎的な決算書の読みこなし方、経営・財務分析の考え方を、実例を交えながら解説します。
「B/S、P/Lの意味は少しだけ分かるけど、分析までは・・・」このような方は是非ご参加下さい。2時間半でぐんと自信がつくはずです。

■プログラム■

1.決算書とは何か?

 1-1 なぜ決算書を読める必要があるのか?
 1-2 決算書とは何を指しているのか?
 1-3 決算書はどうやって入手できるのか?

2.決算書を読みこなすための基礎知識

 2-1 1年間の儲けの“成績”   ~損益計算書(P/L)
 2-2 今の財産の“状況”     ~貸借対照表(B/S)
 2-3 大量生産で原価が下がる理由 ~原価計算

3.粉飾決算のやり方、見抜き方!?

 3-1 売上の計上基準を変える  ~会計方針の変更
 3-2 棚卸しで嘘をつく     ~在庫水増し
 3-3 売って、買い戻す     ~循環取引

4.経営・財務分析のための4手法

 4-1 この1年で何が起きたか? ~比較貸借対照表、比較損益計算書
 4-2 赤字転落までの余裕度は? ~損益分岐点分析
 4-3 資金繰りの厳しさは?   ~運転資本分析
 4-4 借入が大きすぎないか?  ~債務償還年数分析

5. 【実例】上場企業の決算書を分析してみよう!

 5-1 上場企業を4手法で分析してみよう!
 5-2 決算書「決算短信」を読みこなしてみよう!

※ 右下に「カートを入れる」が表示されていない場合は下記リンクよりお申込があるページに移動できます
申し込みページ

注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
S‐30601(定価) (¥12,600) ¥12,600
売切れ 売切れ
S‐30601(早期割引) (¥12,600) ¥9,450
売切れ 売切れ
S‐30601(会員早期割引) (¥12,600) ¥7,560
売切れ 売切れ

Twitter Goodies

Facebook